ハラミ

→ 語義
  

孕み。蓬莱身。
ハラミ山周辺の地域。 =ハラアマのハラミ
  

『この二柱 生む殿は アマのハラミと ツクバ山 淡路 ツキスミ 隈野なりけり』3文
『昔タマキネ 誓いして カツラギ山の 八千 済みて斎鳥の 出車を 造り の 迎ひとて ハラミに伝ふ ある形4文
二十一鈴 百二十五枝 三十一キシヱの 初日の出 若日と共に 生れませば 斎名ワカヒト 産宮は ハラミサカオリ28文
に収めて オオヤマト ヒタカミ ヤスの 政事 聞こせば民も 穏やかに 二十五万年』28文

  

  

ハラミヤマ・ハラヤマ

はらみやまはらやま
  

孕み山。蓬莱身山。孕山。蓬莱山。
今の富士山。
「(二尊がアマテルの神霊を) 孕んだ山」の意。
また『ハ』はハホ菜、『ラ』はラハ菜、『ミ』は身草を意味する。
食すと千年寿命が延びるというこの千代三草を讃え、この三草が生える霊峰をハラミ山と名づけた。
このハラ山に中国は『蓬莱山』と当てたか。またポパイが食べると怪力を出す「ホウレン草」の元か!!!???

ハラミ山は他にも 「カグヤマ(橘山)」「オオヒヤマ(太陽山)」「ヒノヤマ(日の山)」「オオヤマ(太山)」「コノヤマ(熟山/九の山)」「トヨヰユキ山(豊凍雪山)」「フシの山(不二の山・悉の山)」などの名を持つ。
  

『故にハラミを 太陽山 トヨケ考えて ワカヒトと 斎名を捧ぐ』3文
タカミムスビと 国 統べて トコヨの木を ハラミ山 橘山となす 五百継ぎの 真榊も植え』4文

『嘆くトヨケの ハラミ山 登りて見れど "八州なる 億民も 蠢きて 道 習えぬも 理" と やはり嘆きて』4文
『この頃キミは ハラミ山 登りて曰く 諸共に 国々巡幸り 民を治し 姫御子生めど 嗣子なく 楽しなきとて』4文
マス鏡 両手に 擬らえて 神生り出でん 事を乞ひ 頭 廻る間に アクリ乞ふ4文
御子は太陽の 位 乗る 日の山の名も 太山ぞ 故 太山下 日高みの 和国の宮6文
ホツマ君 桂来山 八千座の 禊も満ちて 桂木の 出車成して 迎えんと ハラミ山下に 伝え寄る』ミ逸文
ハラミ山から 四方を見て "裾野は広し 水を埋み 裾野 田にせん"』24文
熟山に 登りみて 中子安めり 八峰に 凍雪絶えねば 代々の名も 豊凍雪山24文
『百草あれど の三 殊優る故 三草褒め ハラミ山なり』24文
ニハリの 宮 立てて 田水のために ハラミ山 成りて三十万 民を治す ついに地上 ホツマ成る』26文
『九十二年春 駿河宮 ハフリ ハラの絵 奉る 御子申せども  受けず』31文
諏訪ハフリ ハラ山の絵を 奉る 君これを褒む 同じ時 シラヒゲの孫 アメミカゲ アワ海の絵を 奉る』32文
この 絵を見れど 宛無で貴く これを棄つ いま山・沢の 絵合せは 割札合わす 吉き兆』
32文
ハラミの山の 吉き草も 五百年前に 焼け失せし 種も再び 生る兆 ニオ海 山を 潤ほせば 千齢見る草も 生ゆるぞと』32文
『三月七日 ハラミ山へと 御幸なる その道 成りて 黒田より香具山 賀茂や 多賀の宮32文
『御作りの歌 "半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共統つまりの 熟山よこれ"』32文
『"ハラミ山 一奮咲けよ 藤蔓の 名をも縁の 熟山よこれ" これよりぞ 名も "フシの山"』32文
上祖天君 高千穂の 峰に登りて 日の山の 朝日に辞み  向ひ 上下恵む 神となる  国の名もこれ』38文
ヤマトタケ 髪梳き清め 白橿の 太刀ハラミの 御柱と 祈る火水の 清祓39文
『先の妻 みな枯れ 今は ミヤツ姫 一人会わんと ハラミより 心細くも 懸梯を 凌ぎ上れば』40文
『和照らす 君を還道に 永らえと 太陽山下の ト下宮 新に造りて 悉 成るを』ミ4文
天の山の 中 ウツロヰが アワの砂 九星の胞衣の 宗ぞ編みける』フ001

  

  

(ハラミの)ヤツウミ

→ 語義
  

八湖。 
ハラミ山の裾野を田にするための貯水池として、ニニキネタチカラヲをして八つの湖を掘らせる。

東に『ヤマナカ(山中湖)』、東北に『アス(明見湖)』、北は『カワグチ(河口湖)』、北西に『モトス(本栖湖)』、西に『ニシノウミ(西湖)』、西南に『キヨミ(精進湖)』、南は『シビレ(四尾連湖)』、東南は『スド(須戸湖)』。 

ニハリの民が群れ来て八湖を掘り、その土をハラミ山頂に積み上げ富士八峰を造る。 
八湖は孝霊天皇から五百年前 (上鈴50年頃) の噴火で三湖が埋まる。
  

★現在、富士八湖についてさまざまな名がある。
山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖・芦ノ湖・田貫湖・四尾連湖。 
山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖・泉端・明見湖・四尾連湖。 
山中湖・河口湖・西湖・精進湖・本栖湖・浮島沼・明見湖・四尾連湖。
  

タチカラヲ 八方に掘らしむ の名も 東はヤマナカと 東北はアス 北はカハクチと 北西モトス 西はニシノウミ』24文
『西南キヨミ 南はシビレウミ 東南はスド ニハリの民が 群れ来り 掘り土を 峰に上げ "八房計り" と 天に応え』24文
峰に降る雪 池水の 末九千里の田と成りて 及ぶ 三万田に 二十年に 渫えなせとて』24文
中峰の 充てはアワ海 八峰は 裾の八湖 三つ埋まり 焼くれど 眺は 変らじと』32文

  

  

(ハラミ山の)ヤミネ・ヤフサ

→ やみねやふさ
  

八峰。八房。
富士山頂火口壁上の八峰
。 
現在は『富士八峰』また『芙蓉八朶(フヨウハチダ)』という。

1.朝日岳(大日岳)(3750m) 
2.伊豆ヶ岳(3750m) 
3.勢至ヶ岳(3760m) 
4.駒ケ岳(浅間ヶ岳)(3760m) 
5.三島岳(3760m) 
6.剣ヶ峰(3776m) 
7.白山岳(3756m) 
8.久須志岳(3740m)

この八峰はニニキネが、タチカラヲをして富士八湖を掘らしめた時、ニハリの民が群れ来て、堀った土をハラミ山頂に上げて造ったもの。
  

にたなびく 白雲の 架かる八峰の 降る霰  八隅に反響 この瑞を 布もて作る 八響幡 八隅に立てて 君となる』4文
ニハリの民が 群れ来り 掘り土を 峰に上げ "八房計り" と 天に応え』24文
モノヌシも 喜び曰く "我が君の 山を八房の 凍雪成す" 祖父驚き "我たとひ 新田成すとも これ知らず"』24文
 水 吐きかけて 一人づつ 導びき 御子を 這ひ出だす』24文
熟山に 登りみて 中子安めり 八峰に 凍雪絶えねば 代々の名も 豊凍雪山24文
中峰の 充てはアワ海 八峰は 裾の八湖 三つ埋まり 焼くれど 眺は 変らじと』32文
『御作りの歌 "半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共統つまりの 熟山よこれ"』32文
『あまねき神の 生れの時 天に棚引く 白雲の 架かる八峰の 白玉の 霰 降れども 陽陰晴るる』
ミ逸文

  

  

(ハラミ山の)ナカミネ

→ 語義
  

中峰。
八峰に続いて、ウツロヒアワ海を渫い、ミオの土と人を担い来て、朝の間に中峰が出来上る。
この中峰を『ヰツアサマ峰 』という。
「中峰」+「八峰」の九峰は『八葉九尊』とも呼ばれ、サコクシロ九座に擬えているものと思われる。富士山を真上上空から見たイメージはフトマニ図に似る。
  

■ホツマによれば八峰は、ニニキネが裾野の八湖を掘らせ、その土を盛って造り、また中峰はウツロヰがアワ海を浚い、その土を盛って造ったことになっている。しかしアマテルの生まれた時、八峰は既に存在したようである。

  
『"中の輪もがな" ウツロヰが アワ海 渫え ミオの土と 人 担い来て 朝の間に 中峰成せば 尊の名も ヰツアサマ峰24文
中峰の 充てはアワ海 八峰は 裾の八湖 三つ埋まり 焼くれど 眺は 変らじと』32文
『御作りの歌 "半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共統つまりの 熟山よこれ"』32文
天の山の 中 ウツロヰが アワの砂 九星胞衣の 宗ぞ編みける』フ001

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】