ハタオリ・キヌツヅリ・タクハタ

  

機織り。衣綴り。栲機。
夫婦の役割分担として、男は表業に務め、女は内を治めて機を織る(衣を綴る)べきだという。
『機を織る』というのは「まっすぐな経糸 (主・日・男) に、緯糸 (従・月・女) を隙間なくぴったり添わせて通す」ということであり、これは妻が夫に「ぴったりと添って一筋を通す」=「操を立てる」ことを象徴する行為となる。
  

カナヤマヒコが ウリフ姫 ナカコ典侍に 備えしむ これをの 瓜生月 皆 機 織りて 操 立つ』6文
『日の道は 中節の外 月は内 男は表業 務むべし 女は内 治め 衣綴り13文
みな織り綴り 操立つ これを暦の 瓜生月 故 還国の 君と称えりミ4文
七月 二陰を 陽に和し 秋風告げて 真麻・真績 糸を紡ぎて 栲機や 陽陰の祝歌 に押し』ミ9文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】