ヒヨミ・カヨミ・コヨミ

→ ひよみかよみこよみ
   

日夜見 (日月見・陰陽見・明暗見)。暦。

1.陽陰の和合。
2.陽陰 (日月) を見ること。
3.陽陰 (日月) を見て暦を作る役職。陰陽師。  オモイカネ タチカラヲアメフタヱ

イサワ宮で暦を作り、全国に配布したと見られる。後の伊勢暦。
  

★こよみの作成配布については古代より統治者(朝廷や幕府)の管轄にあり、1946年に自由化されるまでは許可制・専売制が取られていた。- wikipedia 日本の暦 -
■暦には後にヤマサ神による方位の吉凶なども加えられたようだが、元来は太陽暦と太陰暦とを整合させるためのものだったと推測している。
ウツロヰが5日間の空白を補完することが決められた時点で、暦法が変更されたと推察する。それ以前は適宜、閏月を挿入して太陽暦と太陰暦の誤差を修正してきたが、ウツロヰが5日を補完することで、現在の暦とほぼ同じものとなる。しかしさらに時代が下ると、それも変更されているかもしれない。
  

カナヤマヒコが ウリフ姫 ナカコ典侍に 備えしむ これをの 瓜生月 皆 機 織りて 操 立つ』6文
トコタチの 子の年稔りの タマメ神 
五臟六腑を 生み上げる 陽陰より下す 日夜見神 二尊 これに ヤマサ 和す』21文
『久方の 天照る神の 発つ代に 日夜見の採りの 中を告ぐる 東・西・央 適の とつぎして』22文
年稔り神の 生れませる その十一神を ヱト守と 和み養うて 八御子生る』22文
『各々御名を 賜わりて を守る ヤマサ神なり この神の 常に恵りて 守る故 火水の業の 障り無し』22文
『梅の花見の 御饗して 日夜見の宮の 門出宣 昔 日夜見の オモイカネ  作りて ここにあり 後ムラクモに 譲り置く』24文
ムラクモ召して 御言宣 "汝 ムラクモ  成す 明暗見 曇れば 賜ふ名は アメフタヱなり"』24文
タチカラヲ 親の後とて ここにあり 御狩りの御供 請ふ故に ムラクモ召して 御言宣』24文
地上の 御柱のまま 成る如く 政 ほつまに 調ひて 二万八千経て 三十の なす頃 国の名も 地上ホツマ24文
五十鈴の 千枝の二十年  代わる まだとて モノヌシが イセに詣でて これを問ふ』28文
『二 キアヱより 枝と穂と数え 一枝六十  十枝は六百年 百枝は六千 千枝に六万を 陽陰守の 一回りづつ  成る』28文
祭の文を 三つ染めて 一つ持ち行き 日夜見なす フタヱに授け』28文
『"幸鈴二十 伸び如何ん" "過に失せたり これも陽陰" 時にフタヱが "名は 如何がなさんや"』28文
上鈴暦を 諸 受けて この世の業を 鑑みる これなり』28文
『兄のフリネが 欺きて "ヤミヤの玉藻 花暦 行き見ん" とてぞ 誘ひ来る  頷きて 共に行く』34文
『ある日ヒカトベ 若宮に 告ぐる我が子の この頃の歌 "玉藻垂つ 出雲祭らば まくさまじ"』34文
『"日夜見御使 フリネ 御明暗見 三十九宝の 神殻主 だに身屈り 神霊 垂づが 和し厳みは 神殻主やも"』34文
代々  君なく 何れぞや
 答えて "イセ" と』39文
『和照らす上  成し ソロ植えさせて 糧 増やし 身を保たしむ』
39文

  

  

ヒヨミノミヤ

→ 語義
  

日夜見の宮 (陰陽見の宮・暦の宮)。
イサワ宮イセ宮の別名。 
ニニキネ
はここから八島巡りに出発している。 
オモイカネ
が初めここで暦を作っていたが、後にムラクモが後を継いだ。その後ムラクモはテルヒコの共にアスカに侍ることになったので、オモイカネの子のタチカラヲがこれに就く。タチカラヲはニニキネの共で八島を巡ることになり、再びムラクモが呼び出されたが、ムラクモという名ではカガミ(明暗見:日夜見の同義語) が曇るというので、アメフタヱに改めさせられた。
  

【陰陽寮】オンヤウレウ −広辞苑より−
律令制で、中務(なかつかさ)省に属し、天文・気象・暦・時刻・卜占などをつかさどった役所。陰陽頭のもとに、陰陽博士・暦博士・天文博士・漏刻博士などで編成。おんようのつかさ。うらのつかさ。
  

『梅の花見の 御饗して 日夜見の宮の 門出宣 昔 日夜見の オモイカネ  作りて ここにあり 後ムラクモに 譲り置く』24文

  

  

ヒヨミカミ

→ 語義
  

日夜見神 (陰陽見神・暦神)。 
陽陰の守 (アメノカミ)陽陰守 (あまもり) ・干支守 (ゑともり)年稔り神 とも呼ばれている。
キツヲサネ」+「アミヤシナウ」の11神。それぞれを 「五臓の神」 「六腑の神」とも言う。 
またこの11神は「ウマシアシガイヒコチ神」  「地の十一神」  「御竈のヱト守り神」  「室十一神」などとも呼ばれる。

ホツマ暦
  

陽陰の神 ヤマサを生みて  守り 穢神潰は 埴 清きて 祭る社 造り 鬼霊 退し』21文
トコタチの 子の年稔りの タマメ神 五座六腑を 生み上げる 陽陰より下す 日夜見神 二尊これに ヤマサ和す』21文
『地つ纏りは 東西央南北 室十一神の 守らせき この故 日々の 竈の ヱト守神と 称えますなり』22文
『久方の 天照る神の 発つ代に 日夜見の採りの 中を告ぐる 東・西・央 適の とつぎして』22文
年稔り神の 生れませる その十一神を ヱト守と 和み養うて 八御子生る』22文
『各々御名を 賜わりて を守る ヤマサ神なり この神の 常に恵りて 守る故 火水の業の 障り無し』22文
『後 十一の君 キ・ツ・ヲ・サ・ネ ア・ミ・ヤ・シ・ナ・ウも 天に還り サコクシロにて 御言宣 みな星となす』ミ6文
『この神は 腹腑・命 食を守る ウマシアシカイ ヒコチ神 故 天尊 地の尊ミ6文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】