とこたち  トコタチ  tokotati

  

【常立・(疾立/床立)】
1.先発。先立つ者。先駆者。
2.土台・基礎を立てるもの。

『いまににきねの さきみたま くにとこたちの わさみたま あらはるいつと』ホ序
『たちはなうゑて うむみこの たかみむすひお もろたたゆ きのとこたちや』ホ2
『ひもつきもなり こよのほし あめとこたちと わのそひも』
ミ序

 ●クニトコタチの略。またそれが天に還って九星となったアメトコタチ

『これとこたちの ことのりと ほらおとさして かくれます』ホ6
とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて かにあたる』
ホ15
とこたちの このとしのりの たまめかみ ゐくらむわたお うみあける』ホ21
『まるけたともに やつくりの もとはとこたちホ21
『これとこたちの さらのゐつ わけいかつちの あまきみと をしてたまわる』ホ24
『このすすは あめつちひらく とこたちの みやのまさかき』ホ28
『まさかきお はこくにみやに とこたちの うゑてくになも ひたかみの』ホ28
『あめとこたちと わのそひも あしかひひこち とこたちの みよはみほかみ』ミ序
『くにみこと よたひかわりて とこたちの みよはかわらす もはかりよ』ミ4

 
とこ(疾/床)」+「たち(立ち・発ち)」
「とこ」はここでは「早・前・先」、また「土台・基礎」の意。
「たち」は「たつ(発つ・立つ)」の名詞化。
ここでは「A: 離す・放つ・発す・起す」などの意。

類語:「さきたち(先立ち)」「さきかけ(先駆け)」「さきかり(先駆り)」「いにしかみ(往にし尊)

 

<クニトコタチは場合によって指し示す神が若干異なる>
@.ミナカヌシとトホカミヱヒタメ。 この神々は天に還ってアメトコタチとよばれる。
A.クニサツチより前の神々の総称。 つまりミナカヌシからの20代。
B.クニサツチとトヨクンヌ。    ミカサ文ではこの2世代を特にクニトコタチとする場合がある。

『あめとこたちと わのそひも あしかひひこち とこたちの みよはみほかみ』ミ序
『くにみこと よたひかわりて とこたちの みよはかわらす もはかりよ』ミ4

  

12/02/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】