ふたかみ  フタカミ  futakami

  

【(二尊)・二神】
陽陰の尊。男女の尊。夫婦の尊。日月の尊。 =あまつひつき(和つ日月)きみ(木実)

ふたかみのなも ももひなき ももひなみなり』ホ2
ふたかみは うきはしのゑに さくりうる ほこのしつくの おのころに』ホ2
『われふたかみの みちおなす わかこつらつら みちゆかは』ホ11
あめふたかみの みことのり これにたまはる ひゑのなは』ホ22
『たかのふるみや つくりかえ みやこうつせは あにつきて わのふたかみそ』ホ27

全部見る 

 
ふた(二)」+「かみ(尊/神)
「かみ」は肉体を持って地に在る間は「尊・上」、肉体を離れてからは「神」の意となる。
  

類語:「あわきみ(和君)」「いさ(結・和)」「きみ(木実)
派生語:「ふたかみのみち(二尊の道)

 

10/07/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】