オシモメ・オシモ・シモキサキ・シモメ

→ 語義
  

オシモメ(乙下侍)・オシモ(乙下)・シモキサキ(下后)・シモメ(下侍)。 
天皇の后の最下位。東西南北の各に一人ずつ、合計四人いる。アマテルに始まる制度。

  

アマテルの内宮と四局  

根国   イサナギ┐     
         ├───アマテル
ヒタカミ イサナミ┘    ┃
              ┃
              ┃
ハラミ  サクラウチ───セオリツ姫ホノコ [内宮] ─────オシホミミ(8)
              ┃
              ┃
根国   クラキネ──┬─マス姫モチコ   [北典侍] ──アメノホヒ(1)
           │  ┃
           └─コマス姫ハヤコ  [北局の内侍] ──タケコ(2)・タキコ(3)・タナコ(4)
              ┃
山背   カダ──────アチコ      [北局の下侍]
              ┃
              ┃
ヒタカミ ヤソキネ──┬─オオミヤ姫ミチコ [東局の典侍] ──イキツヒコネ(6)
           │  ┃
           └─タナハタ姫コタヱ [東局の内侍]
              ┃
筑波   ツクバハヤマ──ソガ姫      [東局の下侍]
              ┃
              ┃
美濃   カナヤマヒコ──ウリフ姫ナカコ  [南局の典侍]  ← 内宮に上ったホノコの代りに入る
              ┃
ハラミ  サクラウチ───ワカサクラ姫ハナコ[南局の内侍]
              ┃
筑紫   カスヤ─────イロノヱ姫アサコ [南局の下侍]
              ┃
              ┃
筑紫   カナサキ────ハヤアキツ姫アキコ[西局の典侍] ──アマツヒコネ(5)
              ┃
筑紫   ムナカタ──┬─オリハタ姫オサコ [西局の内侍]
           │  ┃
           └─トヨ姫アヤコ   [西局の下侍] ──クマノクスヒ(7)
  
  

【御下】オシモ −広辞苑より−
1.内侍の次位の女官の敬称。
2.貴人に仕える女中。
3.下半身。転じて、用便。

  
乙下侍は トヨ姫アヤコ カスヤが姫 イロノヱアサコ 南の乙下6文
カゴシマ宮に 移ります トヨタマ姫を 御后に 典侍下侍 二人ずつ 六局も成り 調えば』25文
御内には 十二の局に 置く  四人の典侍に 四内侍と 四乙下 添えて 月の宮 セオリツ姫を 御后と』28文
代嗣なし クメが子の イスキヨリ姫 乙下侍に 召せばに 咎められ  ユリ姫となり 殿居せず』31文
『汝は酒に 若やぎつ さかなに賜ふ 乙下侍ぞ 七十七の男に 二十女と にとつぎて 男女を生む』31文
頷きて 密かにし このたび賜ふ 乙下侍は このユリ姫31文
葛城国造 ツルギネが 女のカツラ姫 内后 妹カツラヨリ 下后 アメトミが姫の キサ姫も 下后 また 小侍女三十』31文
サタヒコが 姫のオオヰ姫は ナカハシに ヲシテ扱ふ 仮典侍よ 内侍六人 四人 青侍三十人』31文
十市マソヲが マシタ姫 ココタエとなる 四人 乙下も四人』32文
ハニヤス姫生む ハニヤスの 
斎名タケハル これ河内 アオカキカケが 姫の乙下 なる内后32文
日向御幸に カミナガが ヲタネ乙下侍 生む子の名 ヒウガソツヒコ38文
『次は姫御子 典侍内侍 乙下青侍ら 三十人添ふ 次 元々の 八色幡40文

   

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】