ココタエ・ココタヘ

→ 語義
  

勾当。
内侍の筆頭(仮典侍)。 =ナガハシ
ナカハシの局にあって、ヲシテ(奏請・伝宣) に関する事務を担う。

順位:内宮大典侍 → 典侍 → ココタエ(ナカハシ) → 内侍下侍
  

【勾当内侍】コウトウノナイシ −広辞苑より−
掌侍(ないしのじよう)四人中の首位のもの。 奏請・伝宣をつかさどる。 長橋の局。 長橋殿。

【内侍宣】ナイシセン −大辞林より−
勾当(こうとうの)内侍が天皇の命を口頭で伝える内容を記した文書。内宣。

【長橋】ナガハシ −広辞苑より−
宮中の清涼殿から紫宸殿に通ずる渡り廊下。 

【長橋の局】ナガハシノツボネ −広辞苑より−
長橋の傍にあった局。 勾当内侍(こうとうのないし)の居所。 転じて、勾当内侍の異称。

  
タカマの原の ヲヲミヤ姫 トヨハタ 典侍や ココタエの』ミ逸文
『次は海原 八百会の ハヤアキツ姫や ココタエの』ミ逸文
春日 合ふ江の 守が女の イトオリ姫を ココタヘに ミコナカ橋の ヲシテ守』31文
オオマイトヰ ナカハシに 生む御子 斎名 イロキネの トコネツヒコぞ 故 を 大典侍となす』31文
磯城ヰデが姫の ヰヅミ 典侍 フトマワカが姫 イイ姫を ココタヘ31文
サタヒコが 姫のオオヰ姫は ナカハシに ヲシテ扱ふ 仮典侍よ 内侍六人 四人 青侍三十人』31文
磯城ナガハヱが ナガ姫を 大典侍后 十市ヰサカ ヒコヰサカ姫 内后 ナカハシに居て ヲシテ守』31文
十市マソヲが マシタ姫 ココタエとなる 四人 乙下も四人』32文
アフミヤサカフリイロネ 仮典侍となる オハリが女 オオアマ内侍 ナガハシヲシテ執る守』33文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】