ここたへ  ココタヘ  kokotahe
ここたえ  
ココタエ  kokotae

  

【勾当】
書き留め。オシテ(文書・御言)を書き留める者。書紀。勾当内侍

『かすかあふゑの もろかめの いとおりひめお ここたへに』ホ31
『しきゐてかめの ゐつみすけ ふとまわかかめ いいひめお ここたへホ31
『といちまそをか ましたひめ ここたえとなる うちよたり おしももよたり』ホ32
『たかまのはらの ををみやめ とよはたすけや ここたえの』ミ逸
『つきはうなはら やおあいの はやあきつめや ここたえの』ミ逸

 
「ここたふ」の名詞化。
「ここたふ」は「こく(交く・扱く)」と同義語「たふ(留ふ)」の連結。
ここでは「A: 合わす・収める・書く・留める」などの意。

変態:「かきとめ(書留)」
別名:「なかはし(長橋)」「をしてもり(押手守)」「をしてとるもり(
押手執る守)」「をしてあつかふかりすけ(押手扱う仮典侍)」

  

09/12/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】