なかはし  ナカハシ  nakahasi

  

【(和橋・中橋)・長橋】
1.合せ。結び。つなぎ。間を結ぶもの。渡り廊下。
2.ナカハシの局。1の傍にあった局。ココタヘ(勾当)の居所。

『おおまかいとゐ なかはしに うむみこいみな いろきねの とこねつひこそ』ホ31
『さたひこかめの おおゐめは なかはしに をしてあつかふ かりすけよ』ホ31
『とちゐさか ひこかゐさかめ うちきさき なかはしにいて をしてもり』ホ31
『かりすけとなる おはりかめ おおあまうちめ なかはしの をしてとるもり』ホ33

 
なか(和・中)」+「はし(合し・橋)

「なか」は「なく(和ぐ)」の名詞化。
「はし」は「はす(合す)」の名詞化。
両語ともここでは「A: 合わす・結ぶ・つなぐ・渡す」などの意。

別名:「みこなかはし
類語:「うきはし(和き合し・浮橋)
関連語:
ここたへ(勾当)」「をしてもり(押手守)」「をしてとるもり(押手執る守)」「をしてあつかふかりすけ(押手扱う仮典侍)」

  

09/12/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】