うきはし  ウキハシ  ukihasi

  

【(和き合し・結き合し)・浮橋】
1.(複数のもの・場所を)交じえ合わすもの。結び。渡し。仲介。仲人。

『ひめのいさこと うきはしお はやたまのをか わたしても』ホ2
うきはしおゑて とつくへし めはつきしほの のちみかに』ホ7
『いせのみち あまのうきはし よくわたす』ホ13

2.約束。契約。団結。協力。
 ●ヒタカミ根国を結ぶ渡し。二国間の協力。(二尊の立場)。

『ふたかみは うきはしのゑに さくりうる ほこのしつくの おのころに』ホ2
うきはしにゑる おのころの やひろのとのに たつはしら めくりうまんと』ホ3
『ふたかみの うきはしにたち このしたに くになからんと』ホ18

 
「うき」+「はし(橋・梯)
「うき」は「うく(和く・結く)」の名詞化。
「はし」は「はす(合す)」の名詞化。
両語ともここでは「A: 合わす・結ぶ」などの意。

別名:「なかうと(仲人)」「はし(橋)」「ふね(船)」「いなわ(結和)

  

10/06/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】