ウチメ・ウチハベ・ウチキサキ・ウチツボネ・ウチサマ

→ 語義
  

内侍。内后。内局。内様(内添)。  
天皇の中位の后。 
東西南北の各に一人ずつ、合計四人いる。アマテルに始まる制度。
ウチミヤ(内宮)」とは「ウチ(内)」の意味が異なる。

    

アマテルの内宮と四局

根国   イサナギ┐     
         ├───アマテル
ヒタカミ イサナミ┘    ┃
              ┃
              ┃
ハラミ  サクラウチ───セオリツ姫ホノコ [内宮] ─────オシホミミ(8)
              ┃
              ┃
根国   クラキネ──┬─マス姫モチコ   [北典侍] ──アメノホヒ(1)
           │  ┃
           └─コマス姫ハヤコ  [北局の内侍] ──タケコ(2)・タキコ(3)・タナコ(4)
              ┃
山背   カダ──────アチコ      [北局の下侍]
              ┃
              ┃
ヒタカミ ヤソキネ──┬─オオミヤ姫ミチコ [東局の典侍] ──イキツヒコネ(6)
           │  ┃
           └─タナハタ姫コタヱ [東局の内侍]
              ┃
筑波   ツクバハヤマ──ソガ姫      [東局の下侍]
              ┃
              ┃
美濃   カナヤマヒコ──ウリフ姫ナカコ  [南局の典侍]  ← 内宮に上ったホノコの代りに入る
              ┃
ハラミ  サクラウチ───ワカサクラ姫ハナコ[南局の内侍]
              ┃
筑紫   カスヤ─────イロノヱ姫アサコ [南局の下侍]
              ┃
              ┃
筑紫   カナサキ────ハヤアキツ姫アキコ[西局の典侍] ──アマツヒコネ(5)
              ┃
筑紫   ムナカタ──┬─オリハタ姫オサコ [西局の内侍]
           │  ┃
           └─トヨ姫アヤコ   [西局の下侍] ──クマノクスヒ(7)

  

クラキネが マス姫モチコ 北の典侍と その妹姫ハヤコ コマス姫 北の内后6文
モチコ典侍と ハヤコ アチコと三人 早や行きて マナヰの原の 宮仕え』6文
カゴシマ宮に 移ります トヨタマ姫を 御后に 典侍下侍 二人ずつ 六局も成り 調えば』25文
陽炎の火の コエ国の タケイワタツは 沓を上げ アソ姫 斎餞に 奉る 召し上げて 内后25文
ミホツ姫申す "十二 あれど我が孫 典侍モトメ  内侍イソヨリ 繁居りの 中にイソヨリ 知る人ぞ"』27文
『姉タマネ姫 ハラ央君 になして ミゾクイが イクタマ典侍 イクヨリは 内侍となれど』27文
ヤセ姫 良けん 八一の謂は 中の "ヤ" となる "シのハラ"は 母と孕める "ヤ" の局  内侍は中の 位なり』27文
『言葉も精し 透き通る 珠の姿の 輝けば 御言宣して 内局 ヰツセ養せば 御子の名も ミケイリ御子ぞ』27文
御内には 十二の局に 置く  四人の典侍に 四内侍と 四乙下 添えて 月の宮 セオリツ姫を 御后と』28文
二愚霊 姫に生まれて  召せば モチ御子生み 典侍となる ハヤ生み 内局28文
葛城国造 ツルギネが 女のカツラ姫 内后 妹カツラヨリ 下后31文
オオマイトヰ ナカハシに 生む御子 斎名 イロキネの トコネツヒコぞ 故 を 大典侍となす』31文
サタヒコが 姫のオオヰ姫は ナカハシに ヲシテ扱ふ 仮典侍よ 内侍六人 四人 青侍三十人』31文
磯城ナガハヱが ナガ姫を 大典侍后 十市ヰサカ ヒコヰサカ姫 内后 ナカハシに居て ヲシテ守』31文
十市マソヲが マシタ姫 ココタエとなる 四人 乙下も四人』32文
『夏 内侍 ヤマトクニカが 三つ子生む 名は皆ヤマト モモソ姫 ヰサセリヒコに ワカヤ姫 母もヤマトの 大宮姫32文
『十一年冬 妹 ハエ32文
『四年の三月 新都 軽境原 五年六月 ウツシコメ 生む御子は ヤマトアエクニ オオヒコぞ』32文
ヘソキネが ヤマトイケスに 御饗なす 姫のイカシコメ 膳出に 召す内后 今年十四』32文
ハニヤス姫生む ハニヤスの 
斎名タケハル これ河内 アオカキカケが 姫の乙下 なる内后32文
『紀アラカトベが トオツアヒ メクハシ 内侍33文
三十八年 秋 八月五日 の妹 クニカタ 内侍 生む御子はチチツクワ姫』
34文
『七年七月 初日 コモツミの 子のツツキ タルネカバヰ ツキ姫を 立つ 妹の カクヤ姫 なる内侍35文
ヒハス姫 に立てて 妹三人 典侍内侍に タケノ姫  一人返せば 恥かしく  輿より罷る 堕国ぞ』36文
キビツヒコが姫  立つ 播磨イナヒ ヲイラツ姫 内侍の時に 去年四月  孕みて生まず 二十一月経て』38文
纏向日代 新宮に 帰り入ります ヤサカ姫 なる美濃内侍38文
アベコゴト タカタ生む タケコワケ38文
ミハカセ姫を 内添に トヨクニワケの 親王生む 母子留まり 国造や』38文
キビタケヒコが アナトタケ 内妻に生む タケミコと トキワケとなり』40文
『次は姫御子 典侍内侍 乙下青侍ら 三十人添ふ 次 元々の 八色幡40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】