トオツアヒメクハシヒメ

→ 語義
  

遠津年魚眼妙媛。 
紀の国造アラカトベの娘。 
ミマキイリヒコ
(10代崇神天皇) 内侍トヨスキヒメヤマトヒコの母。

  

ワカヤマトネコヒコ┐
    (開化天皇)├────ミマキイリヒコ(崇神天皇)
イカシコメ────┘      ┃           ┌(6)トヨキイリヒコ
                ┃           │
オオヒコ────────┬─ミマキ姫[内宮]───────┴(7)イクメイリヒコ(垂仁天皇)
            │   ┃
            └─クニカタ姫[内侍]──────┬(8)チチツクワ姫
                ┃           │
                ┃           └(9)イカツル
                ┃
紀の国造・アラカトベ────トオツアヒメクハシ姫[内侍]─┬(1)トヨスキ姫
                ┃           │
                ┃           └(3)ヤマトヒコ
                ┃
アフミ国造・水之穂真若王──ヤサカフリイロネ姫[大典侍]─┬(4)ヤサカイリヒコ
                ┃           │
                ┃           └(5)トチニイリ姫
                ┃
オハリ国造・健宇那比命───オオアマ姫[長橋]───────(2)ヌナギ姫

 
  

『紀アラカトベが トオツアヒ メクハシ 内侍33文
『これの先 メクハシが生む トヨスキ姫 オオアマが生む ヌナギ姫33文
メクハシが生む ヤマトヒコ 
斎名ヰソキネ ヤサカ生む ヤサカイリヒコ  オオキネぞ 故 母を上ぐ』33文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】