モモソヒメ

→ 語義
  

百襲姫命。母母曾毘売命。
フルネームはヤマトモモソ姫。「ヤマト」は母の名から。 
オオヤマトフトニ
(7代孝霊天皇) 内侍ヤマトクニカ姫の生んだ三つ子のひとり。 
霊能者であったようで、ミマキイリヒコ(10代崇神天皇)の時、オオモノヌシ神が懸かったり、少女の歌の意味を解いたりしている。 
後にオオモノヌシ神の妻となるが、子蛇と化して現れたオオモノヌシ神を見て驚き叫んでしまう。
姫はその事を恥じて、箸で陰を突いて罷り、大市箸塚に葬られる。 

  

ヤマトタリヒコクニ┐
    (孝安天皇)├────オオヤマトフトニ(孝霊天皇)
オシ姫──────┘      ┃
                ┃
シギ県主オオメ───────ホソ姫[内宮]───────(7)ヤマトクニクル
                ┃           (孝元天皇)
カスガ県主チチハヤ─────ヤマカ姫[典侍]
                ┃
トイチ県主マソヲ──────マシタ姫[ココタエ]
                ┃
大和国造   ───┬───ヤマトクニカ姫[内侍]──┬(1)ヤマトモモソ姫
          │   (ヤマト大宮女)     │
          │     ┃      三つ子├(2)ヤマトヰサセリヒコ
          │     ┃         │
          │     ┃         └(3)ヤマトワカヤ姫
          │     ┃
          └───ハヘ姫[内侍]──────┬(4)兄ワカタケヒコ
              (若大宮女)       │
                       三つ子├(5)ヒコサシマ
                          │
                          └(6)弟ワカタケヒコ

  

岡山県岡山市吉備津、吉備津 (キビツ) 神社
香川県高松市一宮町大字一宮、田村 (タムラ) 神社
香川県東かがわ市水主、水主 (ミヌシ) 神社
  

★書記では倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)。モモソ姫とトト姫が一緒くたになっている。
  

『夏 内侍 ヤマトクニカが 三つ子生む 名は皆ヤマト モモソ姫 ヰサセリヒコに ワカヤ姫 母もヤマトの 大宮姫32文
朝日の原に 御幸して 八百万招く 湯の花の モモソ姫して 宣言に』33文
『サッサ 連歌 "散る民も 連に服らで 衰えに惨るさ"』33文
『徴かと  これ諮る モモソ姫 生れ聡くて これを知る 君に申さく "これ徴 タケハニヤスの 背くなり"』34文
聞く 妻の アタ姫が 香具山埴 領巾に入れ 祈りて国の 物実と これに如あり 早や謀れ"』34文
モモソ姫 オオモノヌシの 妻となる "夜には来りて 昼 見えず  明けなば君の 御姿を 見ん" と留むれば』34文
の告げ "言 著し 我 朝方 櫛笥に入らん 我が姿 な驚きそ" と』34文
『モモソ姫 心怪しく 明くる朝 櫛笥を見れば 小蛇あり 姫 驚きて 叫び泣く』34文
大神恥ぢて 人と成り " 忍びず 我が恥" と 大空踏んで 御諸山34文
仰ぎ恥ぢ 尽き下るに 箸に陰没を 突き罷る 大市に埋む 箸塚や』34文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】