ハシツカ

→ 語義
  

箸塚 (合し塚)。
モモソ姫オオモノヌシ神の「合葬」の意。
奈良県桜井市箸中の箸墓古墳。大市墓とも言う。
ハシツカは多義で他にも「恥じ尽く」「箸突く」の意を重ね持つ。 
昼は人手に、夜は神が大坂山の石を手輿で運び、造ったという。 
四道の治人
ヱビスを平定したという報告が来たとき、タタネコはハシ塚で『折れ枯れの結解く祭』を執り行っている。
  

★箸墓の宮内庁による表札には「倭迹迹日百襲姫命、大市墓」とある。
■箸墓古墳の規模は天皇の姫の墓地としては他に比類がないが、オオモノヌシ神を合わせ祭っているということになれば納得がゆく(モモソ姫はオオモノヌシ神の妻なのだから)。また箸墓古墳が前方後円墳である理由も察しがつく。方墳・円墳のどちらかがオオモノヌシ神で、どちらかがモモソ姫の墓なのだろう。
■箸墓の所在する大市(オイチ)とは「オオクニタマの区画」という意で、かつてはここにクシヒコの入った辞洞があり、その跡に改めて箸墓を造ったものと推測される。大和神社も元はオイチにあったと思われる。オイチを治めるのがシナガオイチである。
  

仰ぎ恥ぢ 尽き下るに 箸に陰没を 突き罷る 大市に埋む 箸塚や』34文
『昼は人手に 夜はの 逢坂山の 石運び 諸 合ひ継ぎて 手輿担て』34文
『墓成るの歌 "逢境も 月の明を[継ぎの頭]添え 石群を 手輿に遣さば 遣し勝てんかも"』34文
『四道の エビス平け に告ぐれば 国安ぐ 秋 タタネコに 折れ枯れの 結解く纏りを 箸塚に なせば輝く 和の市34文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】