ヱワカタケヒコ

→ 語義
  

兄稚武彦命。稚武彦命。
オオヤマトフトニ
(7代孝霊天皇) 内侍ハエ姫から生まれた三つ子の一人。  
孝霊天皇の53年に、西中国の情勢不穏のため吉備上道に派遣される。上道臣の祖。

  

ヤマトタリヒコクニ┐
    (孝安天皇)├────オオヤマトフトニ(孝霊天皇)
オシ姫──────┘      ┃
                ┃
シギ県主オオメ───────ホソ姫[内宮]───────(7)ヤマトクニクル
                ┃           (孝元天皇)
カスガ県主チチハヤ─────ヤマカ姫[典侍]
                ┃
トイチ県主マソヲ──────マシタ姫[ココタエ]
                ┃
大和国造   ───┬───ヤマトクニカ姫[内侍]──┬(1)ヤマトモモソ姫
          │   (ヤマト大宮女)     │
          │     ┃      三つ子├(2)ヤマトヰサセリヒコ
          │     ┃         │
          │     ┃         └(3)ヤマトワカヤ姫
          │     ┃
          └───ハヘ姫[内侍]──────┬(4)兄ワカタケヒコ
              (若大宮女)       │
                       三つ子├(5)ヒコサシマ
                          │
                          └(6)弟ワカタケヒコ
  
  
孝霊天皇兄ワカタケヒコ      ┌イナヒヲイラツ姫ヲウス
    │ (吉備上道) ─┐    │        │
    │        │融合  │        └オウス
    │        ↓    │          ┃
    └弟ワカタケヒコキビツヒコキビタケヒコアナトタケ姫
      (吉備下道)       │      │
                  │      └御友別命─オトヒコ
                  │
                  └ハリマタケヒコ

  

岡山県岡山市吉備津、吉備津 (キビツ) 神社
広島県福山市新市町宮内、吉備津 (キビツ) 神社
  

★『書記』亦妃ハヘ某弟生彦狭嶋命。稚武彦命。弟稚武彦命。是吉備臣之始祖也。
★『古事記』大吉備津日子命吉備上道臣の祖。次に若日子建吉備津日子命吉備下道臣と笠臣の祖。次に日子サメ間命は針間の牛鹿臣の祖。次に日子刺肩別命は高志之利波臣・豊国之国前臣・五百原君・角鹿海直の祖。
  

ハエ姫も また三つ子生む  名は兄ワカ タケヒコの 中 ヒコサシマ 弟ワカタケヒコ  母も上げ 若大宮姫32文
兄ワカタケヒコ 吉備上方 弟ワカタケヒコ 吉備下方 その分け 融きて 服わす イササワケへは ヒコサシマ 越国を治す』32文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】