オチクニ

→ 語義
  

堕国。 
垂仁天皇
の后に一旦は召されるも、宮から帰された竹野媛はづかしく、葛野(カドノ) で乗っていた輿より逃亡する。その地を名付けて堕国(オチクニ) という。今も長岡京市に乙訓(オトクニ) の名が残り、少し東には羽束師(ハツカシ) の町名が存在する。
  

京都市伏見区羽束師志、羽束師坐高御産日 (ハツカシニマスタカミムスビ) 神社
  

★『書紀』いま弟国(おとくに) というは訛ったもの。
  

ヒハス姫 に立てて 妹三人 典侍内侍に タケノ姫  一人返せば 恥かしく  輿より罷る 堕国ぞ』36文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】