カウチ・カハチ

→ 語義
  

河内。 
淀川と大和川に挟まれた湿地帯で、江戸時代までは、入り江のようになっていた。 
この二大河川の間という意味で河内。 =アウヱ(合江)
  

カアヒ(河合・川間)カモ(賀茂)なども同義。
    

『速浪立つる 御津崎 名も "浪速の 港” より 山後川を 逆上り 河内草香の アウヱモロ に軍 調ひて』29文
『追ひて河内に 留まりて タケチノコリと アウヱモロ 大和層富に 防がしむ』30文
モノヌシ帰り オシクモは 河内に行きて 小塩より カスガを招き 枚岡の 社 纏りて 神となる』30文
『筑紫のタネコ 喪を治め 四神祭りて アウヱモロ 河内を兼ねて 治めしむ』30文
ハニヤス姫生む ハニヤスの 
斎名タケハル これ河内 アオカキカケが 姫の乙下 なる内后32文
河内狭山は 水足らず 業 怠れば 生業のために 依網苅坂と 反折の池 掘らんとて 桑間の宮に 御幸なる』34文
『空しき殻の 白斎鳥 追ひ尋ぬれば 大和国 琴弾原に 尾羽四枝  置きて河内の 古市に また四羽落つる』40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】