ヒラオカ

→ 語義
  

枚岡 (翻送)。
ヒラオカは元来は「埋葬地・墓地」を意味する普通名詞のようだ。
「枚岡」はコヤネの墓地が固有地名化したものらしい。
   

『早や仮納め 喪中ゆえ 共に喪に入り 神輿成し 翌日ヒラオカに 送る時 サルタが乞えば 許されて 神輿 開くれば』28文

  

  

ヒラオカノヤシロ

  
枚岡の社。
アメノコヤネ
ヤマシロオシホに仮納めされた後、枚岡に葬られる。 
ここは神武の頃はオシクモの所領だった様だ。 
オシクモ無き後はアウヱモロが治める。

大阪府東大阪市出雲井町、枚岡 (ヒラオカ) 神社
  

モノヌシ帰り オシクモは 河内に行きて 小塩より カスガを招き 枚岡の 社 纏りて 神となる』30文
『筑紫のタネコ 喪を治め 四神祭りて アウヱモロ 河内を兼ねて 治めしむ』30文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】