タケチノコリ

→ 語義
  

武乳遺命。武乳速之命(タケチハヤノミコト)。 
ナガスネ
の反乱の時、アウヱモロと共に大和の層富にナガスネ軍の動きを防ぐ。 
そのまま層富の県主になったか。コヤネの弟なのか。
  

奈良県奈良市三碓、添御縣坐 (ソウノミアガタニイマス) 神社
奈良県奈良市歌姫町、添御縣坐 (ソウノミアガタニイマス) 神社

  

        ┌フツヌシ
       ??┤
        └アサカ姫┐
             ├─アマノコヤネ─┐
ツハヤムスビ─??─ヰチヂ─┘        ├オシクモアメタネコウサマロ ・・・ ・・・ ・・・オオカシマ
                      │    │
                      ├ヒタチ ├(アウヱモロ)
トヨケ─??─ヲハシリタケミカツチヒメ──┘    │
                           └(タケチノコリ)
*アウヱモロとタケチノコリについては推定。
  
  

■タケチノコリは「タケチの県主」の意と思う。「タケチ」は「高師の浜 (現在の大阪府高石市)」か。
★『旧事』添県主の祖。興登魂命の子(コヤネの弟)になっている。 
★『新撰姓氏録』津速魂(ツハヤムスビ)命の子、武乳遺命。 ■津速魂はヰチヂの祖父。
★『古拾』コヤネの弟。
コヤネの子孫と思われる (オシクモの子で、タネコの弟だと都合がいいんだが)

  

クシミカタマは オシクモと ナガスネ撃てば 逃げ行くを』30文
『追ひて河内に 留まりて タケチノコリと アウヱモロ 大和層富に 防がしむ』30文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】