サクラウチ・サクラウシ

→ 語義
  

桜大人。
タニのサクラウチ。桜大刀自 (サクラノオオトジ)。 
アマテルの内宮に上ったセオリツ姫、南局の内侍ワカ姫オホヤマカグツミの父。アシツ姫の曽祖父。
古くはハラミの宮で、ウオヤオキナ(大老翁) として二尊に仕えていた。
その後、アマテルの右の臣となる。
イサワ大内宮の桜はこの人が捧げたものだという。
オオヤマズミ
の祖。
  

千葉県佐原市香取、香取 (カトリ) 神宮末社、櫻大刀自神社
山形県東田川郡庄内町立谷澤字本澤、月山・大満・小月山 (コヅキヤマ) 神社
山梨県富士吉田市上吉田小御岳下、小御岳 (コミタケ) 神社
  

■桜大刀自(サクラノオオトジ) は、桜の大人翁(サクラノ・オオト・ヂ)

  

オオヤマズミ
                タキコ
                 ┃
                 ┣━━━━━┳カゴヤマタカクラシタ
                 ┃     ┃
サクラウチ━┳オオヤマカグツミカグヤマツミ ┗アメミチ姫
      ┃        ┃      
      ┣ホノコ     ┣カンタマ  
      ┃ ┃      ┃      
      ┃アマテル    ┗マウラ┳ … … … … …タチバナモトヒコ
      ┃            ┃  
      ┗ハナコ         ┣イワナガ
                   ┃
                   ┗アシツ姫
                      ┃
                    ニニキネ
  
根国   イサナギ┐     
         ├───アマテル
ヒタカミ イサナミ┘    ┃
              ┃
              ┃
ハラミ  サクラウチ───セオリツ姫ホノコ [内宮] ─────オシホミミ(8)
              ┃
              ┃
根国   クラキネ──┬─マス姫モチコ   [北典侍] ──アメノホヒ(1)
           │  ┃
           └─コマス姫ハヤコ  [北局の内侍] ──タケコ(2)・タキコ(3)・タナコ(4)
              ┃
山背   カダ──────アチコ      [北局の下侍]
              ┃
              ┃
ヒタカミ ヤソキネ──┬─オオミヤ姫ミチコ [東局の典侍] ──イキツヒコネ(6)
           │  ┃
           └─タナハタ姫コタヱ [東局の内侍]
              ┃
筑波   ツクバハヤマ──ソガ姫      [東局の下侍]
              ┃
              ┃
美濃   カナヤマヒコ──ウリフ姫ナカコ  [南局の典侍]  ← 内宮に上ったホノコの代りに入る
              ┃
ハラミ  サクラウチ───ワカサクラ姫ハナコ[南局の内侍]
              ┃
筑紫   カスヤ─────イロノヱ姫アサコ [南局の下侍]
              ┃
              ┃
筑紫   カナサキ────ハヤアキツ姫アキコ[西局の典侍] ──アマツヒコネ(5)
              ┃
筑紫   ムナカタ──┬─オリハタ姫オサコ [西局の内侍]
           │  ┃
           └─トヨ姫アヤコ   [西局の下侍] ──クマノクスヒ(7)
  

『拝む日輪の 飛び下り 二尊の前 落ち留む 思わず抱く 夢心地 覚めて潤ひ 快く 宮に帰れば ヤマスミが 誘酒 進む』4文
大老翁の ヤマスミが 寿ぎ歌ふ "むべなるや 往の宜も 御代嗣も 弥々の幸 開けり" と』4文
『大優らに 寿くも 三度に及ぶ 往善』4文
サクラウチが姫 サクナタリ セオリツホノコ 南の典侍に ワカ姫ハナコ 南の内侍6文
『サクラタニ 滾つ背の女は セオリツ姫 妹ワカサクラミ逸文
『左はタニの サクラウチ 弥のの 鳴らし歌 右はヲヲヤマ カグツミの "研ぎ優ぐ芳ぐ" の 祝歌』14文
『左の臣は オモイカネ 右サクラウチ カナサキは 日を写します 大老臣 カダウケモチ ヲバシリは 馬屋治めぞ』19-1文
カグヤマは ヤマズミの二子 フトタマは ミムスビの三子 コヤネとは カスガ殿の子』20文
クシタマは ミムスビの四子 ミチネとは カンミの曽孫 カンタマは ヤマズミの三子』20文
マウラとは ヤマズミの五子 アカホシは カツテの乙弟 この五人』20文
『"この桜 昔 曽祖父 サクラウシ この木捧ぐ 大御神 大内に植えて 妹背の道 和る離るるを 計ります』
24文
『桜 意あらば わが孕み 他種ならば 木 萎め 真種ならば 生む時に 咲け" と誓いて ここに植え 里に帰ます』
24文
オオヤマスミが 巡り回て 病路行く 北の 峰に納む 胞衣が岳 成る シナの国28文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】