カゴシマ・カゴ

→ 語義
  

鹿児島 (籠州)。
海(鹿児島湾)をかこむ、籠のような区画。
  

法 定むれば スミヨシの 孫ホタカミや シガの守 ツクシに乞えば ソヲハテ カゴに乞えども』25文
『先の御幸の 堰みな 実心添えて 新田成す ツクシ三十二の 巡恵りて カゴシマに坐す』25文
『故 これ思し 棄てて ウドに到れば ハテ守の 招くカゴシマ 行きまさず』25文
『政事 コヤネモノヌシ 共に治せ 宮内の治は ミホ姫"と カメに乗り行く カゴシマや』26文

  

  

カゴシマミヤ

→ 語義

  
鹿児島宮。 
ハデツミの本拠宮。
ホホデミ
は海幸彦 (ホノススミ) に釣針を返して兄を従えた後、ハデツミの娘のトヨタマ姫を娶り、鵜戸にあるハデの (鵜戸神宮か) からカゴシマ宮に遷り住む (六万年)。その後アソ宮に移る。 
ウガヤも晩年ここで筑紫の統治にあたり、その後、宮崎山で神上がる。
  

鹿児島県姶良郡隼人町、鹿児島 (カゴシマ) 神宮
  

法 定むれば スミヨシの 孫ホタカミや シガの守 ツクシに乞えば ソヲハテ カゴに乞えども』25文
カゴシマ宮に 移ります トヨタマ姫を 御后に 典侍下侍 二人ずつ 六局も成り 調えば』25文
『先の御幸の 堰みな 実心添えて 新田成す ツクシ三十二の 巡恵りて カゴシマに坐す』25文
『故 これ思し 棄てて ウドに到れば ハテ守の 招くカゴシマ 行きまさず』25文
カメに乗り行く カゴシマや ソヲ高千穂の 日に辞む 朝はアサマの 日に向ふ 日向ふ国と ホツマ国26文
カゴシマ宮に 三十二守 巡幸りを乞えば 恵り回て 廃るを直し 絶えを治し 皆 治まるも イカツチの 尊の功 遺りあり』27文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】