よもつ  ヨモツ  yomotu

  

【黄泉】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ●陰。穢。闇。

『いさなみと よもつひらさか ことたちす』ホ5
よもつの ひらさかは いきたゆるまの かきりいわ これちかえしの かみなりと』ホ5
『しこめにおはす よしあしお しれはあしひく よもつさかホ5
『つくれはかえす みはよもつ こころはあめに かえうまれ』ミ4

 
よむ(弱む・病む)」と同義語「もつ(没つ)」の合成動詞「よもつ」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。これは陽陰の精製過程で重く下った「陰」の属性を表す。

変態:「うもと(倦没)」「やみち(闇惨)」「いもち(稲熱病)」「みもち(惨没)
類語:「よみ(黄泉)
関連語:「いまふ(忌まふ)」「よまひこと(よまい言)」「したへ(下方・黄泉)」

  

10/03/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】