たたす  タタス  tatasu

  

【(直す・唯す)・正す・糺す・質す】【立たす】
A: 合わす。近づく。問う。収める。直ぐにする。直す。調える。整理する。
<その結果として>
D: 正の方向に離す。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『かんさひこれお たたさねは とみこれおこふ』ホ7
『これたたされて そさのをか ひとりかふむる ゐんはとの とつれはいかる』ホ7
『たかみむすひの かみはかり いつもたたすは たれよけん』ホ10
『せみのおかわに みそきして ちのわにたたす みなつきや』ホ10
『かれもろはねお よりたたし をつるおたてに めおよこに』ホ16

全部見る 

 
たつ(直つ)」と同義語「たす(治す)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める・直す」、またその結果「E: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

類語:「なおす(直す・治す)」「あかす(和かす)」「いさむ(諌む)」「しかる(叱る)
関連語:「うたえただすつかさ(刑部省)」
派生語:「たたし(正し・糺し)」「たたす(糺)」

 
 

【起たす・発たす・立たす】
B: 離す。分ける。湧かす。発す。起す。

『たまふよろきは なめことの ちくさよろきの なおたたすホ10

 
たつ(起つ・発つ)」+「す(為る)」の合成による他動詞化。

類語:「あらはす(現す・表す)

 
 

【立たす】
D: 正の方向に離す。「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」

『たかみむすひの たたしゑた ことわりあれは みことのり』ホ10

 
たつ(立つ)」+「す(使役)」の合成による他動詞化。

類語:「あく(挙ぐ・上ぐ)
派生語:「たたしゑた(立たし枝)

 
 

【(直す)・糺】
和合。和し。治め。調え。直し。

『ふたかみは つねにたたすの とのにゐて あまねくをさむ たみゆたか』ホ27

 
「たたす(唯す・直す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・和す・治める・調える・直す」などの意。

変態:「たたし(直し)

  

10/03/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】