コカヒ

→ 語義
  

衣交ひ。籠交ひ。蚕交ひ。

  1. 衣交ひ。 衣を織ること。衣服の調製。
     
    『万物生みて 人草の 食も衣交ひも 道 成して 弁別定む 功や』2文
      
      
  2. 籠交ひ。 蚕の繭糸を交差させること。絹糸を織ること。
     
    『また繭ふくみ 糸抜きて 籠交いの道も 教ゆれば カダの尊は 代々の民 守り司ぞ』15文
    タガに到れば ツエが妻 アサ姫迎ふ モノヌシは 良きを見て アサ姫に 籠交ひ衣織る 経緯の 道 教ゆれば』
    24文
    『経緯の 道 教ゆれば 八方通り 籠結国の守 皇籠の里 籠交ひ得るなり』24文

    『布の園は ヲコヌの尊の 子 介ひ[籠交ひ]して 名も籠結国[肥え国]の 富園 得るなり』フ044
     
     
  3. 蚕交ひ。 蚕に合わす(食わす)もの。 =
     
    蚕交ひも同じ の木は 四方に栄えて 枝も根も 三又成りて 十二穂末』ミ4

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】