あまのこやね  アマノコヤネ  amanokoyane
こやねかみ  コヤネカミ  koyanekami

  

【(陽陰・天地の交和)・天児屋根命】<人名>
ワカヒコの尊名の一つ。

『みことのり なんちわかひこ ひとふるに あまのこやねと なにしあゑ』ホ14
『つきこいのらは わかうたと こやねとこもり かつてみな』ホ14
『かすかとの あまのこやねは よにひいて かすかのかみと なおたまふ』ホ16
『ことほきおえて むつましく こやねはあめに つかえます』ホ16
『ををんかみ こそむつきます このこやね ももつきませり』ホ16

全部見る 

 
あま(陽陰・天地)」 の 「こやね(交和)」+「かみ(尊)
「あま」はここでは「陽と陰」、また「あの世とこの世」の意。
「こやね」は「合わす者・結ぶ者・同調させる者」

類語:「こことむすひ(上下結び)」「かすかかみ(上下和み)」「かかみ(明暗見)
 

『陽陰いのる この手拍ゆ 劣を直ぐ 宿る央中の 見事成る この子は真直ぐ 父母の 嘗の代継ぎの 子となりけり』14文
『汝ワカヒコ 一奮に アマノコヤネと 名にし負え』
14文

  

10/06/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】