こことむすひ  ココトムスヒ  kokotomusuhi

  

【興台産霊神・興澄魂霊神・居々登魂命・(上下結び)】<人名>
上下(陽陰・魂魄)の原理を編む者。(霊還しの方法を編み出した者)

こことむすひの なにすゑて かすかとのとそ たふとませ』ホ8
『かとりかいもと あさかひめ こことむすひの つまとして』ホ8
『かつきまろ いみなやすひこ みほひこと こことむすひの つたゑうけ』ホ10
こことむすひか かかんなす かすかわかひこ みはしらお』ホ14
『なかくにの かすかにいたり そのちちの こことむすひに こひうけて』ホ16
こことむすひは うらなひて よきひにちなみ ととのゑて』ホ16
『つはやむすひの みまこなる こことむすひの わかみこの』ミ逸

 
ここと(上下)」+「むすひ(結び)
「ここと」は「ここすと」と同じ。

陽陰の精製過程では軽くり、は重くる。
陽属性の霊をと呼び、陰属性の霊をと呼ぶ。
 

別名:「ゐちち(結霊)」「かすかとの(上下殿・高少殿)
類語:
かすかかみ(上下和み)」「あまのこやね(天地の交和)かかみ(明暗見)

  

09/07/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】