あめのまつり  アメノマツリ  amenomaturi

  

【(陽陰の纏り・天地の纏り)】
陽陰(日月・神)を世に纏ること。天地(あの世とこの世)の調和・統合。

あめのまつりお たておけよ かはねのみやに かんくらお』ホ13
まつりのあやお みつそめて ひとつもちゆき ひよみなす ふたゑにさつけ』ホ28

 
あめ(陽陰・日月・天)」 の 「まつり(纏)

類語:「ひよみ(日夜見)
関連文:「かみおみやこにととむ(神を都に留む)」「ひつきふまれす(日月踏まれず)」

 
 

【天の政】
中央政府が世に施す政治。

『すのなわの うむたまのをの ほしなれは あめのまつりも ほしやうむらん』フすなわ

 
あめ(天)」 の 「まつり(政)

    

11/05/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】