ひよみ  ヒヨミ  hiyomi

  

【(陽陰見・明暗見)・日夜見・暦】
1.陽陰の和合。 =いさわいせやまた

『むめのはなみの みあえして ひよみのみやの かとてのり』ホ24

2.陽陰(明暗・日月)を見ること。ヱト(上下・陽陰)に添うもの。

『あめよりくたす ひよみかみ ふたかみこれに やまさなす』ホ21
ひよみのとりの かおつくる きつおかなねの とつきして』ホ22
『むめのはなみの みあえして ひよみのみやの かとてのり』ホ24

3.陽陰(明暗・日月)を見て暦をつくる者。陰陽師。

『むかしひよみの おもいかね こよみつくりて ここにあり』ホ24
『まつりのあやお みつそめて ひとつもちゆき ひよみなす ふたゑにさつけ』ホ28

 
ひよ(日夜・日月・陰陽)」+「み(合・見)

類語:「かかみ(明暗見・鏡)」「やまた(和)」「あめのまつり(陽陰の纏り)

  

10/07/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】