かすかかみ  カスカカミ  kasukakami
かすかのかみ  カスカノカミ  kasukanokami
かすか  カスカ  kasuka

  

【春日守】【上下和/上下尊/上下神】
アマノコヤネ(わかひこ) の尊名の一つ。また贈り名
1.春日県の主。
2.陽陰(天地)を結ぶ尊。

『あさかひめ こことむすひの つまとして うむかすかまろ わかひこそこれ』ホ8
『しほかまのかみ またしらて かすかのかみに ゆえおとふ』
ホ12
かすかこたえて これむかし あめのますひと そむくゆえ』ホ12
『こことむすひか かかんなす かすかわかひこ みはしらお』ホ14
『あまのこやねと なにしあゑ たまふをしては かすかかみホ14

全部見る 

 
[1]
かすか(春日)」+「かみ(守)
「かすか」はここでは地名で、大和国の春日県。
[2]
かすか(上下・陽陰)」+「かみ(和/尊/神)
「かすか」はここでは「陽陰・天地・魂魄」などの意。
「かみ」はここでは「合わす者・結ぶ者」の意と「尊/神」の意が重なる。

別名:「あまのこやね(陽陰の交和)
同義語:「こことむすひ(上下結び)」「かかみ(明暗見)

  

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】