なめ  ナメ  name

  

【和・平・滑・嘗】
合わせ。治め。纏り。政。調え。守り。世話。支配。

『またいつのりは はせるとき しとなめくらお しきおひて はるひゆるめす』ホ191
『ゑのなめはねに しものなか ひうおまねけは かつめかみ』ミ7
『またそらさむく うるおえす ややなめつくる』ミ7
『ひのなめは つさにいなさの はつひより ふうおやわせて』ミ7
『たのなめは みうのあおうけ きさらきの なかよりみうお めにやわせ』ミ7

全部見る 

  ●世の治め。政治。

『よりてななよの うなめこと たかきねやすの いまみやに』ホ10

  ●身の治め。医療。

『たまふよろきは なめことの ちくさよろきの なおたたす』ホ10

  ●一族の治め。継ぎ。連なり。まとまり。家。

  ●神を世に纏ること。人と神の和合・同調。天地の和合・同調。

『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』ホ4
『みのらすみその にいなめの かんみはおれは とのけかす』ホ7
『あやにはおとめ おるにしき おおなめまつる みははこれ』ホ24
なめことのあや』ミ7
『このういなめは いまののと こほしまつりて をめくりに』ミ7

 
なむ(和む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収(治)める・纏る・調和する」などの意。

変態:「なゑ(嘗)」「あえ(饗)
類語:「まつり(纏・政・祭)

 

10/03/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】