あおかき  アオカキ  aokaki

  

【(仰画)・青垣】
正の方向に離れる区画。聖域。神域。
 具体的にはミモロ山をいう。

『つきのこは いみななかひこ くしなしそ あおかきとのに すましむる』ホ27
『なんちおは あおかきやまに すませんと みやつくりして そこにおれ』ホ27

 
あお(仰・敬)」+「かき(垣・限・画)
「あお」は「あふ(上ふ・敬ふ・祝ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。
「かき」はここでは「区分・区画」を表す。

別名:「たかくら(高座)」「たくら(卓座)」「たくり(卓限)」「みくら(御座)」「かんくら(上座・神座)

 
 

【(合限・間限)】
川の間。

『これかうち あおかきかけか めのおしも なるうちきさき』ホ32

 
あお(合・間)」+「かき(限)
「あお」は「あふ(合う)」の名詞化。「あい(間)」の変態。
「かき」は「かく(離く)」の名詞化。ここでは「分け・限り」の意で「かわ(川)」と同義。

類語:「かうち(河内)あうえ(合江)」「かあひ(河合)」「かも(賀茂)

  

09/11/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】