あい  アイ  ai
あゐ  
アヰ  awi
あひ  
アヒ  ahi

  

【合・和・会・相】【間】
1.合い。合わせ。添。 伴。対。みそ。おつまみ。

『さけのむあゐに さくらのみ あきかえるひも さけおくる』ホ11
『めとるちちひめ あひともに つねむつましく みやひなせ』ホ11

2.収まる部分。釣り合う所。 あいだ。中。内。

『かつしまや かつみねやまと しまあいに かつうおなれは』ホ24
『ををきみゑみて たけすみに とよたまたせと かわあいの くにたまわりて』ホ26
あいちたの おとめかとこに わかおきし いせのつるきの たちわかるやわ』ホ40
『みなみあお にしはくれない きたはきに ひかしはしろく あいもいろ』ミ6

3.結び付き。関係。

4.(状態を) 留めるさま・保つさま。

あいものの うおはよそあり これもみか すすなにけせよ』ホ15

5.合わせ。対。一緒。釣り合わせ。匹敵。比較。ちょうど。

『たとえふとくと やつゐゐの わりあひかかゑ たまふへし』ホ192
『てりおれのあは またらゑた あひのてのあは にのたらち』ホ21

 
あふ(合ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・結ぶ・交わる・収まる・匹敵する・保つ」などの意。
また「あふ(合う)」は「あわ(陽陰)」が動詞化したもの。

変態:「あお(合・間)」「ゆひ(結)
類語:「な(菜・和)
派生語:「ほとらい(程らい)

 
 

【(合・間/央)】
中心。中軸。中核。肝。

『かれおりとめの つすはたち おりはつのつす あひかなめ おりつめのつす』ホ39

 
あふ(合う/央ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・匹敵する・釣り合う」、また「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意。

変態:「あわ(陽陰・和・央)

 
 

【あひ・あい・(合ひ)】
同意を返答する語。yes.

『わたのつりにて きくみふね むかふはみふね みちひくか あひとこたえて』ホ29
『みかつちの ふつのみたまお くらにおく これたてまつれ あひあひと』ホ29

 
あふ(合う)」の名詞化。

変態:「はい」「おう」「おい」
類語:「しかり(然り)

 
 

【(改・往・揺)】
往き来。改め。洗い。

『かなさきかめの はやあきつ あきこはしほの やもあひこ つのすけ』ホ6
『よよあらしほの あもあひに ひたせとさひぬ かんかかみ いまなからえり』ホ8
『つきはうなはら やおあいの はやあきつめや ここたえの』ミ逸

 
「あふ(改ふ・往ふ・揺ふ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・行き来する/させる・改まる/改める」などの意。

 
 

【穢・埃・(猥)】
負の方向に離れるさま。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」さま

かわあひののに おほみやお たててまつらす ひかわかみ』ホ39

 
あふ(穢ふ・下ふ・劣ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

関連語:「おあい(汚穢・汚埃)」「おわい(汚穢)」「ひわい(卑猥)」

 
 

【(陽陰・和)】
陽陰。またその和合。

『むかひのこしに とよたまの あゐみやいりと よろこひて』ホ26
『みそろのたつの みたまゑて なもあゐそろの かみとなる』
ホ27
『へのなわの つりはゑみすの ほとほとに あゐとたゐとの とみそまねける』
フへなわ

 
あわ(陽陰・和)」の変態。

変態:「あう(陽陰)」「あめ(陽陰)
類語:「いせ(妹背)」「あおいかつら(葵桂)

 
 

【鮎・香魚・年魚】
不明。
「川を上る」の意か。

『へのなわの つりはゑみすの ほとほとに あゐとたゐとの とみそまねける』フへなわ


あゆ」の名詞化。

変態:「あゆ(鮎)」

 
 

【天気・天意】
あの世の先祖の心。霊感。神意。

『ゐきめたま おくるはすゐゐ ゑなかのり あをきおとれは あゐうくる』ミ9

 
あ(天)」+「ゐ(射・気)

  

10/08/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】