さかい  サカイ  sakai
さかひ  サカヒ  sakahi
さかゐ  サカヰ  sakawi

  

【境・界・堺】
1.合い。間。中間。
2.分け。区切り。限り。境界。際。 区画。区域。

『かねてほつまと ひたかみの さかいにてまつ ふつぬしか』ホ11
『まめなせと くにさかいまて おくりてそ なこりあるなり』ホ24
『きみとしみそひ さかいおか わかみやのとき わかはゑか ぬなきめはすけ』ホ31
『よとしのやよひ にいみやこ かるさかひはらホ32
『いまもまた みたまによりて ふゆおかり あたのさかいに ゆきのそみ』ホ39

 
さかふ(境ふ)」の名詞化。
「さかふ」は「さく(添く/離く)」と同義語「かふ(交ふ・離ふ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「さかむ(相模)
類語:「かき(垣)

 
 

【栄】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『たとえはくせと まいなひて さかゐまさんお とみもほし』ホ17
『をのきにの いさおしおとに あるなれは ゐゑもさかいも さにそきにける』フをきに

 
さかふ(栄ふ)」の名詞化。
さく(咲く)」と同義語「かふ(上ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)の方向に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「さかゑ(栄え)」「さかり(盛り)」「さくや(咲)」「しけみ(繁み・茂み)」「しきり(頻り)」

  

10/02/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】