さかえ  サカエ  sakae
さかゑ  
サカヱ  sakawe

  

【栄え】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『わかこつらつら みちゆかは ひつきのさかゑ あめつちと まさにきわなし』ホ11
『きはねより さかえるのあは にのさかえ ひおつるのあは かにおとる』ホ21
『のちのさかえお おもわんや たやすくたすと うらみしか』ホ34
あめつちの みよのさかえお いわはるる めをのみをやの かみそたふとき』ホ37

 
さかふ(栄ふ)・さかゆ(栄ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「さかゐ(栄ゐ)
派生語:「ひつきのさかゑ(日月の栄え)

  

10/01/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】