さくら  サクラ  sakura

  

【桜・(栄ら・幸ら)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・速まる・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『さのとのに たちはなうゑて かくのみや きにさくらうゑ うおちみや』ホ6
『ひたりはたにの さくらうち みよのさくらの ならしうた』
ホ14
『やすやすと さくらのははの みとりこお かつてにかけて いてやうません』ホ14
『きみかめくみも ついわすれ うらむねたむの にはさくら さかすはしれよ』ホ16

全部見る 

 ● 馬。 (速く走ることを言うか)。

さくらはなれは またのもち こかねひつめの くろこまお』ホ192

 
さくる(栄る・幸る)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・速まる・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「さかえ(栄え)」「さかり(盛り)」「しけみ(茂み)」「たかみ(高み)
類語:「はな(花・華)」「うま(馬)」「むま(馬)」「むめ(梅)」「たき(滝)

 
 

【(決ら・刳ら・境)・桜】
区切り。境界。はざま。間。内。
 ●境の国。はざまの国。相模の国(伊豆半島と三浦半島に挟まる国)の別名。 
  またオオヤマツミサクラウチが知行した地の意も。

『むかしひををち さくらうし このはなささく ををんかみ おうちにうえて』ホ24
『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39
さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくらミ逸

 
さくる(決る・刳る)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「さかひ(境・界)
類語:
ゑのしま(江ノ島・合の州)」「おの(小野)」「まうら(間所)たに(谷)」「さかむ(相模)」「さくら(桜)たちはなかく(橘)」「かなかわ(神奈川・兼側)」

  

10/03/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】