よろはた  ヨロハタ  yorohata

  

【万機】
1.万の織り。万の杼の往復。(機の異名)。

よろはたの むねみなもとは よかみとち よろはぬふかつ はたはをる』ミ1
『きみのをさむる まつりこと よろはたすへて よちおそなへり』ミ1

2.1と同様、巧妙な機構とたゆまぬ努力が必要とされる国の政。和つ君の行う政事。大嘗事

よろはたの むねみなもとは よかみとち よろはぬふかつ はたはをる』ミ1

 
よろ(万)」+「はた(機)
「よろ」はここでは「一反の機を織るのに要する杼の往復の回数」を言う。

別名:「きみのまつり(君の政)「あのはら(天の治)」「おおなめこと(大嘗事)」「よろのみはたのまつりこと(万の御機の政事)」「よろのまつり(万の政)」「よのまつり(万の政)」「よよのまつり(万の政)」「とよへるはた(豊綜る機)

  

10/03/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】