さこくしろうち  サコクシロウチ  sakokusirouti

  

【(賢釧内)】
1.天上の輪の中心。中三座。 全宇宙の中心・源。
2.<地名> 1に相当する地上の位置。世の中心・源。宇治。

『みもかわに あのほるちゑて さこくしろ うちのみやゐに ふよほへる』ホ28
『みもすその さこくしろうち あらためて あまてるかみの うちつみや』ホ28
『われむかし かみのたまもの さこくしろ うちみやにいれ』ホ36
『ををんかみ ゐそすすかわの さこくしろ うちにわたまし』ホ36

 
さこくしろ(賢釧)」+「うち(内)
「さこくしろ」は「天上の輪」の意。
「うち」はここでは「中心・中軸・源」などの意。
また「
地球は細しサコクシロ」なので、天上の「なかみくら(中三座)」に相当する地上の位置をいう。
 

『四十九の神は 天に帰り 元のタカマの ハラにあり
 地球細し サコクシロ 故 神纏る 地もタカマ』
ミ6

 
類語:「さこくしろうちみや(賢釧内宮)」「なかみくら(中御座)」「みなか(御中)」「こゑうち(環内)」「たまかきうちつ(玉垣内方)
ををうち(大内)」「うおち(大内)」「をうち(大内)」「おうち(大内)」「みうち(御内)」「おおおく(大奥)」「みやうち(宮内)」「おなか(央中)」「うちみや(内宮)」「なかのわ(中の環)」「みもと(御許)」「みはた(御傍)」「かしこところ(賢所)
関連語:「みなかぬし(御中主)」「もともとあけ(元々明け)

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】