みなか  ミナカ  minaka

  

【御中・真中・(実中)】
真中。核心。

『はこくにのかみ ひたかみの たかまにまつる みなかぬしホ2

 
み(真・実)」+「なか(中)

【真中】みなか  −広辞苑より−
 まなか。まんなか。
 神代紀上「誓約(うけい)の―に」

類語:「みうち(御内)」「ををうち(大内)」「うおち(大内)」「をうち(大内)」「おうち(大内)」「おおおく(大奥)」「みやうち(宮内)」「おなか(央中)」「うちみや(内宮)」「なかのわ(中の環)」「さこくしろうち(賢釧内)」「こゑうち(環内)」「たまかきうちつ(玉垣内方)」「みもと(御許)」「みはた(御傍)」「かしこところ(賢所)

  

15/08/18

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】