あまつきみ  アマツキミ  amatukimi

  

【(和つ木実・和つ君)・天つ君】
調え治む君。和つ日月。陽陰を束ねて日月なす君。中央政府の君。

あまつきみ ひよりとまてお つくすゆゑ ひとにのります』ホ4
『たりひこくにの あまつきみ いむなおしひと くらひなる』ホ31
『あまつひつきお うけつきて やまとふとにの あまつきみ いむなねこひこ』ホ32
『あまつひつきお うけつきて やまとくにくる あまつきみホ32
『みまきいりひこ あまつきみ みくさつかひも あめためし』ホ33

  
あまつ(和つ)」+「きみ(木実・日月)

和つ君は元来は夫婦一対であり、男君を「き」、女君を「み」という。
き(木・起・貴)」は先行するさまを表し、「陽・日・主」の属性を示す。
み(見・実)」は後に付いてくるさまを表し、「陰・月・副」の属性を示す。

ウヒチニ・スヒチ以降イサナキ・イサナミまでは、君は陽陰(男女)のペアであった。
このペアは「和して恵る日月」の機能を担う地位にある。
妹背神アマテル神以降はただ一人で「日(陽)/月(陰)」双方の機能を担うこととなる。


類語:「あめのかみ(和の尊)」「あわきみ(和君)」「あめのすへらきみ(和の皇君)」「あますへらき(天皇)」「あまつひつき(和つ日月)」「やまとひつき(和日月)」「あまてらすひつき(和照らす日月)」「あまてるつきひ(和照る月日)あまてらすきみ(和照らす君)やわしてめくるひつき(和して恵る日月)しわかみのみはしら(地上の御柱)」「くにきみ(国君)

  

11/03/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】