あまつかみ  アマツカミ  amatukami
あめのかみ  アメノカミ  amenokami

  

【(和つ尊)・天つ尊】【(和の尊)・天の尊】
調え治む上位者。和つ日月の君。中央政府の君。

あめのかみよの ななよめお つくいとくちは』ホ2
あめのかみ つきなくまつり つきんとす かれいさなきに のたまふは』ホ23
『きみのなも つくしのをきみ これここの あまつかみなり おまかせに』ホ25
『いなゐいさちて あめのかみ ははわたかみや いかかせん』ホ29
あめのかみより ふたかみの ななよのみきも とほこのり』ミ2

 
あまつ(和つ)」+「かみ(上・尊)

あめ(和)」  の  かみ(上・尊)

類語:「あわきみ(和君)」「あまつきみ(和つ君)」「あめのすへらきみ(和の皇君)」「あますへらき(天皇)」「あまつひつき(和つ日月)」「やまとひつき(和日月)」「あまてらすひつき(和照らす日月)」「あまてるつきひ(和照る月日)」「あまてらすきみ(和照らす君)」「やわしてめくるひつき(和して恵る日月)」「しわかみのみはしら(地上の御柱)」「くにきみ(国君)
反対語:「くにつかみ(地つ守)」「くにかみ(地守)

 
 

【(陽陰つ神・和つ神)】
太陽太陰の分霊。妹背の神。 =あまてるかみ(陽陰連る神)

『ときにいさわの あまつかみ そふのきさきも かみとなる』ホ28

 
あまつ(陽陰つ・和つ)」+「かみ(神)

別名:「あまてるかみ(陽陰連る神)」「あまさかるひ(陽陰下がる霊)」「ゐもをせかみ(妹背神)」「いせのかみ(妹背の神)」「いせのをんかみ(妹背の御神)」「いさわのあまつかみ(結和の陽陰つ神)」「いさわのををんかみ(結和の大御神)」「あまねきかみ(遍き神)

 
 

【(上つ尊)・天つ尊】
アメトコタチ九星

『ここにとをやの あまつかみ とくさたからお さつけます』ホ20
『やとよのみはた たかみくら いとおこそかに あまつかみ むへくたります』
ホ38

 
あまつ(上つ・天つ)」+「かみ(尊)

類語:「あめみこと(天尊)」「あまかみ(天尊)
反対語:「くにみこと(地尊)

  

10/07/14

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】