あまつひつき  アマツヒツキ  amatuhituki

  

【(和つ日月)・天つ日嗣】
1.調え治む日月。

2.1の機能を行う位。 陽陰を束ねて日月なす君。日月の君。中央政府の総帥。

『あまてるみこの をしほみみ あまつひつきは たかのかふ』ホ12
あまつひつきお うけつきて わけいかつちの かみとなる』ホ26
あまつひつきお わかみやに さつけたまいて おおゑきみ しのみやにます』ホ26
あまつひつきの さかゑんは あめつちくれと きわめなきかな』ホ27
あまつひつきお うけつきて かぬかわみみの あまきみと』ホ31

全部見る 

 
あまつ(和つ)」+「ひつき(日月・貴卑・君)
 

天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり』7文
『御子ワカヒトに 和照らす 日月を譲り ます時に』19-1文
『君は明も為し 蓋も為し 神の鏡の 和照らす 日月の君と 守る箱根ぞ』24文
『サヲシカヤタの 我が冠 衣と裳 民に 陽を届け 陽陰を束ねて 日月 為す 裳裾を汲めと』28文

ウヒチニ・スヒチ以降イサナキ・イサナミまでは、君は陽陰(男女)のペアであった。
このペアは「和して恵る日月」の機能を担う地位にある。
妹背神アマテル神以降はただ一人で「日(陽)/月(陰)」双方の機能を担うこととなる。

 
類語:
やまとひつき(和日月)あまつきみ(和つ君)あめのかみ(和の尊)」「あわきみ(和君)」「あまひ(和日)」「あまてらすひつき(和照らす日月)あまてらすきみ(和照らす君)あまてるつきひ(和照る月日)」「あめひつき(和日月)あますへらき(和皇)あめのすへらかみ(和の皇君)」「やわしてめくるひつき(和して恵る日月)」「ひつき(日月)」「あのひつき(天の日月)」「よのひつき(世の日月)」「しわかみのみはしら(地上の御柱)」「くにきみ(国君)
関連語:「みくらい(御位)」「あまひのくらゐ(天日の位)

  

11/02/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】