あまつ  アマツ  amatu

  

【(陽陰つ・和つ)】
1.<日月のように地を>やわす(さま)。養い調える(さま)。

あまつきみ ひよりとまてお つくすゆゑ ひとにのります』ホ4
『あまてるみこの をしほみみ あまつひつきは たかのかふ』ホ12
『このときに あまつみことの さたまれは かしきのゆふの』
ホ22

2.陽陰が和合する(さま)。
 ●日霊と月霊の顕現であるアマテル

『たかみむすひの ゐつよきみ ひことにのほる あまつみやホ4
あまつみことの おもむきお つけてあにひこ ここにとめ』ホ8
『ときにいさわの あまつかみ そふのきさきも かみとなる』ホ28

 
あむ(合む)」と同義語「まつ(和つ)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・やわす」などの意。またそのまま名詞ともなる。
あふ(合う)」はもともと「あわ(陽陰)」が動詞化したもの。

変態:「あわす(合わす)」「やわす(和す)」「やまつ(和つ)」「いやす(癒す)」「ゆるす(緩す)
変態:「やまて(和・陽陰)」「やまと(和)」「やわし(和し)」「あわせ(合せ)

 
 

【(上つ)・天つ】
 正の方向に離れたる。 上位の。天界の。

『ときにあめより にいとりの ひとはおつれは あまつのりホ16
『ここにとをやの あまつかみ とくさたからお さつけます』ホ20
あまつこと まつるとほかみ ゑひための やもとのかみの まもらせき』ホ22

 
あま(上・天)」+「つ(区分・所属)
「あま」は「あむ(上む)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

類語:「かんつ(上つ)」「うえつ(上つ)」「うわつ(上つ)」
反対語:「くにつ(地つ・国つ)

  

11/03/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】