うれふ  ウレフ  urefu

  

【憂ふ・愁ふ・患ふ】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『かくつちたつお はにやすに よろこうませと たつならす あなにうれふるホ21
うれへはうれふ おのかかお つけすゆらすは からすなり』ホ21
『はまにうなたれ うれふとき かりわなにおつ これおとく』ホ25
『ままにことふる をちいわく きみなうれひそ はからんと』ホ25
『きみなうれひそ たせさるは わかこころあり わかはつこ おおたたねこに』ホ33
『あねのふかやか もふさくは きみなうれひそ はからんと』ホ38

 
うる(倦る)」と同義語「ゑふ(穢ふ)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「あらふ(粗ぶ)」「うらふ(うらぶる)」
派生語:「うれひ(憂い)

 
 

【熟れふ】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『うれへはうれふ おのかかお つけすゆらすは からすなり』ホ21

 
うる(熟る・潤る)
」と同義語「えふ(栄ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

  

10/12/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】