えふ  エフ  efu
ゑふ  
ヱフ  wefu
ゑゆ  ヱゆ  weyu

  

【(和ふ・結ふ)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。

『さきにみこなく かくやまか あめみちひめお ゑゑなして』ホ27

 
変態:「あふ(合う)」「いる(入る)」「うゆ(植ゆ)」「える(得る)」「おふ(負う)」「へる(減る)
派生語:「いえゐ(家居)」「ゑゑなす(結和す)

 
 

【(破ふ・穢ゆ/揺ふ)・酔ふ】
B: 離れる/離す。それる/そらす。曲る/曲げる。外れる/外す。
C: 回る/回す。行き来する/させる。揺れる/揺らす。ふらつく。よろよろする。

『やまたかしらの おろちきて やふねのさけお のみゑいて』ホ9
『むすちのことは ゑひねふる おろちにむつの ゆつかけて』ホ9
『さけおあたたに のましむる ちちのみゑひて ふすときに』ホ38
『はなむしろ みおあけみきの たわむれや よふけゑゑれは』ホ38
『こころゑひ もゆることくに あつけれは いつみにさます さめかゐや』ホ40

 
変態B:「やる(破る)」「やむ(病む)」「ある(粗る)」「なゆ(萎ゆ)」「はゆ(蝕ゆ)
派生語B:「ゑやみ(疫病)
変態C:「よふ(酔う)」「ゆる(揺る)」「よる(揺る)」「うる(売る)」「おる(折る)」「ふる(振る)

 
 

【(熟ふ・上ふ・栄ふ・映ふ・敬ふ・愛ふ・笑ふ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「いふ(斎ぶ)」「うむ(熟む)」「えむ(笑む)」「をゆ(老ゆ)」「ねる(練る)」「へる(経る)
派生語:「えひ(葡萄・海老・蝦)」「ゑゑ」「うれふ(熟れふ)」「ゑひす(恵比寿)」「ゑお(熟・大・央)

 
 

【(下ふ・穢ふ・劣ふ・衰ふ)・酔ふ】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『やまたかしらの おろちきて やふねのさけお のみゑいて』ホ9
『さけおあたたに のましむる ちちのみゑひて ふすときに』ホ38
『はなむしろ みおあけみきの たわむれや よふけゑゑれは』ホ38
『こころゑひ もゆることくに あつけれは いつみにさます さめかゐや』ホ40

 
変態:「あゆ(零ゆ)」「うゆ(飢ゆ)」「おゆ(瘁ゆ)」「やる(破る)」「やむ(病む)」「ある(粗る)」「なゆ(萎ゆ)」「はゆ(蝕ゆ)
派生語:「うれふ(憂れふ)」「えひす(夷・戎)

  

10/02/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】