えひ  エヒ  ehi
ゑい  ヱイ  wei

  

【(熟・老・上・栄)・葡萄・海老・蝦】
正の方向に離れるさま。 高み。栄え。熟達。至り。極み。絶頂。華。

『つるきふりにけ えひなくる しこめとりはみ さらにおふ』ホ5
えひゆるく くしはつけよし もものなお おふかんつみや』ホ5
『めはよにすめる ところゑす うましみやひの ゑいにおれ』ホ13

 
ゑふ(熟ふ・上ふ・栄ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「をい(老)」「ゑみ(笑み)」ゑひ(蛯)」「ゑゑ(老)」「うえ(上)」「いや(弥)」「はえ(映え・栄え)」「うれ(熟れ)」「なれ(熟れ)」
独り言:「えい(英・栄・映)」

  

10/03/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】