やもよろ  ヤモヨロ  yamoyoro
やをよろ  ヤヲヨロ  yawoyoro

  

【八百万】
800万。極めて数の多い(ほとんどすべての)さま。(多数の表現としては最大のもの)

『あめつちも うちともすかに とほるとき やもよろみちの みことひこ』ホ14
『いつもはかみの みちのもと やもよろふみお かくしおく』
ホ34
『むかしふたかみ あわうたお ひことにうたひ やをよろかミ10

 ●極めて多数の(あらゆる)人。万人。

やをよろの おゑてことほき さつけます つきのみことは』ミ10

 ●極めて多数の(あらゆる)氏・姓。

『いもをせは やもよろうちの わかちなく みなあめつちの のりそなふ』ホ13
『このときに やもよろかみも もろたみも をしゑおききて やちたひに』ホ14
『うけてあまてる ををんかみ やもよろかみに みことのり』フ序

 ●極めて多数の(あらゆる)民。 ヤス国の千五百村に住む民の数。三千彦(モノノベ)がこれを治める。

『みちとみひこも もろこえに やもよろたみは ももちこえ』ホ17
『まてにはへりて みちものへ やもよろくさも をさめしむ』ホ27

 ●極めて多数の(あらゆる)神霊。

『かしきのゆふの みてくらに やもよろかみの かんつとえ』ホ22
やもよろまねく ゆのはなの ももそひめして のりこちに』
ホ33

 ● アメノミヲヤの身の丈。

『あめのみをやの ををんたけ やもよろとめち』ミ6

 
や(八)」+「(百)」+「よろ(万)

類語:「やそ(八十)」「もも(百)」「ゐも(五百)」「やも(八百)」「ももち(百千)」「よろち(万千)」「ちち(千々)」「やち(八千)」「やよろ(八万)」「やそよろ(八十万)

  

13/10/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】