くたる  クタル  kutaru

  

【(交たる)】
A: 合う/合わす。連なる。

くつ(交つ)」と同義語「たる(足る)」の合成。

派生語:「くたり(件・領・襲)

 
 

【下る・降る・(朽る)】
E: 負の方向に離れる。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『をかみもゑみて もろともに おかむひのわの とひくたりホ4
『をはちちに めはははにつく みひめも ともにくたりて ひたしませ』ホ7
『ひかしのほりて にしくたり うつほにめくり』ホ14
『ひるはにうえに ひたのほり よるはしうえに みきくたりホ16
『よろのまつりお きくときは かみもくたりて うやまえは かみのみをやそ』ホ27

全部見る 

 
くつ(朽つ)」と同義語「たる(垂る)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「くさる(腐る)くつる(崩る)
派生語:
くたり(下り)

  

10/01/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】