くたり  クタリ  kutari

  

【下り・降り】
E: 負の方向に離れること。「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」こと
  ●上から下に行くこと。 天 → 地。
  ●中から端に行くこと。 中央 → 地方。
  ●降伏。降服。

『やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2
『むかしこの くにとこたちの やくたりこ きくさおつとの ほつまくに』ホ4
『ときにつくしの をさまらて みこみくたりお こふゆえに』ホ25
『ときにさほひこ いなきなし かたくふせきて くたりゑす』ホ35
『やたおねきのに うちやふり ここにうちさる くたりこふ』ホ38
『おつのひとまつ これむかし ほつまくたりの みあえとき』ホ40

 
くたる(下る・降る)」の名詞化。

  
 

【件・領・襲】
連。まとまり。続き。

『きみとみたみの みくたりの かみはもふその みこありて』ホ2

 
くたる(交たる)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・まとまる・連なる」などの意。

変態:「くさり(鎖)」
類語:「くさ(種)」「くだくだしい」「くどい」

  

10/01/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】