みわのかみ  ミワノカミ  miwanokami
みわかみ  ミワカミ  miwakami

  

【(見張の神/三還の神)・三輪神】
1.(和の道を) 見守る・見張る神。 オオモノヌシの神霊。
2.三回世に現れて (クシヒコ・コモリ・クシミカタマ) 功を成した神霊。

『なおりかみみわかみのあや』ホ31
『ひとりわかれて みたりめの わにひこまてか みわのかみ
ホ31
『やほさみと うよかたかはし むらいくひ うまささつくり みわかみに』ホ33

 
[1]
みわ(見張・守)」 の 「かみ(神)
[2]
みわ(三還)」 の 「かみ(神)

別名:「おおみわかみ(大三輪神)」「みわおおかみ(三輪大神)みもろかみ(御諸神)」「おおものぬしかみ(大物主神)

  

10/01/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】