おおものぬしのかみ  オオモノヌシノカミ  oomononusinokami
おおものぬし  オオモノヌシ  oomononusi

  

【(皇守主の神)・大物主の神】
オオモノヌシの神霊。クシヒコを始めとする代々の大物主の集成意識。

『かくおしゆるは たれかみそ こたえてわれは くにつかみ おおものぬしそ』ホ33
『われはこれ おおものぬしの かみなるか きみなうれひそ』ホ33
『ゆめにかみあり たたねこお おおものぬしの いはひぬし』ホ33
『やまとなる おほものぬしの かみのみき いくひさつくる すきはいくひさ』ホ33
『ももそひめ おおものぬしの つまとなる よにはきたりて ひるみえす』ホ34

 
おおものぬし(皇守主・大物主)」 の 「かみ(神)

別名:「みもろかみ(御諸神)みわのかみ(三輪の神)」「おおみわかみ(大三輪神)」「みわおおかみ(三輪大神)

  

15/01/31

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】